【失恋するとどうなるのか?】失恋後の反応を臨床心理士が解説【恋愛心理学・菜月じゅんカウンセリングルーム】

恋愛

皆さんこんにちは。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんです。

この前は、失恋からの回復プロセスの話のはじめの論点として、失恋の種類の話をさせて頂きました。

今回は、失恋した後どうなるのかの解説していきたいと思います。

【失恋後の反応】

失恋後の反応としては、未練的反応と、怒り・回避的反応と、後悔・悲痛的反応があるとされています。

【未練的反応】

それでは、まず未練的反応について。

未練的反応とは、失恋相手との思い出に浸ったり、復縁を試みたりする反応のことです。

たとえば、相手とデートによく行った場所に一人で行ったりすることです。

あるいは、たとえば、別れた相手にメールや電話をかけて復縁しようとするということです。

それが未練的反応です。

【怒り・回避的反応】

次は、怒り・回避的反応についてです。

怒り・回避的反応とは、失恋相手を避けたり、相手を恨むなどの反応です。

たとえば、SNSやメールや電話で別れた相手をブロックすることですね。

あるいは、失恋相手の悪いところを知り合いに延々と言うことです。

あるいは、関係が破綻したのは相手のせいだと非難するということですね。

それが怒り・回避的反応です。

【後悔・悲痛的反応】

次は、後悔・悲痛的反応についてです。

後悔・悲痛的反応とは、相手を忘れられなくて、つらくなるなどの反応のことです。

たとえば、別れて1ヶ月経つけど夜一人でいると相手を思い出して、つらくなるということですね。

それが後悔・悲痛的反応です。

【まとめ】

このように失恋後の反応には、未練的反応と、怒り・回避的反応と、後悔・悲痛的反応があるとされています。

今回は、失恋後の反応についての話をさせて頂きました。

今度は、失恋への対処と回復の話をしていこうと思います。

カウンセリングを行なっている菜月じゅんでした。それではまた。