【恋愛が続かない】回避依存症の人の恋愛パターンを臨床心理士が解説!【菜月じゅんカウンセリングルーム】

恋愛

皆さんこんにちは。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんです。

恋人と親密になるのが怖い「回避依存症」に自分や恋人が当てはまるんじゃないかと思っている人、いらっしゃると思います。

最初は良い関係なのにしばらくするといつも似たようなパターンで恋愛が上手くいかなくなる、そんなことありませんか?

今回は、回避依存症の人の恋愛パターンについて解説していきたいと思います。

【回避依存症の人の恋愛パターン】

回避依存症の人の恋愛パターンについて。

回避依存症の人の恋愛パターンは次のようなものになりがちです。

まずはじめに、恋人になる相手の弱さに惹かれていきます。

そして、相手と恋愛関係を持つようになります。

交際していくと、恋人から必要とされることで高揚感を覚えるようになります。

しかし段々、恋人の弱さに自分が支配されるような感覚を持ちます。

そうなってくると、支配されることを回避する為に、恋人から離れたくなってきます。

そのようにして、娯楽やギャンブルなど恋人と関わらない活動にのめり込んでいきます。

しかし、恋人から見捨てられる不安や罪悪感が出てくるようになります。

そこまでくると、恋人と関係をやり直すか、あるいは別の恋人を見つけるという段階に至ります。

これが回避依存症の人がなりがちな恋愛パターンです。

【まとめ】

今回は、回避依存症の人の恋愛パターンについて解説させて頂きました。

YouTubeでは、他にも役に立つ色々な動画を上げていますので、良かったら見ていって下さい。

高評価とチャンネル登録もよろしくお願いします。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんでした。

それではまた。