【超重要】臨床心理士指定大学院受験のおすすめ予備校!【臨床心理士が解説】【菜月じゅんカウンセリングルーム】

2020年9月13日大学院, 臨床心理士

皆さんこんにちは。カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんです。

今回は、臨床心理士指定大学院受験のおすすめ予備校についてのお話をしていこうと思います。

【おすすめの「予備校」】

おすすめの予備校は3つあります。

・中央ゼミナール http://www.chuo-seminar.ac.jp/psychology/
・河合塾KALS https://www.kals.jp/clinical-psy/
・ファイブアカデミー https://www.5academy.com/daigakuin-koza

です。

【中央ゼミナール】

それでは、まず中央ゼミナール(http://www.chuo-seminar.ac.jp/psychology/)について。

中央ゼミナールでは、臨床心理士指定大学院入学の為の授業を行なっています。

予備校が作成したテキストもあり、それを使って勉強していきます。

特に、英文和訳演習の授業があり、先生に添削してもらうことができるメリットがあります。

それは、参考書の独学ではできない強みだと思います。

独学の受験生だとしても、英語の授業を単科で受講したいところです。

また、コースによっては、研究計画書の添削を受けることができます。

研究計画書の添削を誰にも受けずに、大学院に提出してしまうのはとても危険である為、どこかしらで研究計画書の添削は受けたいです。

そういうニーズに応えてくれるのが中央ゼミナールの良いところです。

また、他の予備校よりも優れている点は、大学院試験の過去問情報が豊富であるということです。

過去の受験生たちからの聞き取りによって、過去問の情報が膨大に蓄積されており、過去問対策が可能となっています。

【河合塾KALS】

次は、河合塾KALS(https://www.kals.jp/clinical-psy/)について。

臨床心理士指定大学院の参考書で有名な河合塾KALSです。

ここも予備校が作ったテキストがあり、それをもとに授業が行なわれます。

河合塾KALSは参考書が優秀なので、テキストも優秀だと思われます。

これが河合塾KALSのメリットです。

一方、過去問情報があまりないのが河合塾KALSのデメリットです。

しかし、WEBで授業が受けられたり、英文和訳の添削や、研究計画書の添削をしてもらうことができます。

その為、中央ゼミナールが近くになくて通えない人は、河合塾KALSのWEBコースがおすすめです。

【ファイブアカデミー】

次は、ファイブアカデミー(https://www.5academy.com/daigakuin-koza)についてです。

ファイブアカデミーは臨床心理士試験の参考書で有名な予備校です。

通学や通信講座で授業を受けることができます。

ファイブアカデミーは参考書が優秀である為、河合塾KALSと同じくテキストも良質だと思われます。

複数授業のセットコースだけでなく、単科で授業を受けることもできるので、自分の希望に合わせて授業を受けることができると思います。

【参考書で独学と、予備校で勉強、どっちがいいのか?】

独学で行きたい人、独学が苦手で予備校の授業に頼りきりたい人など色々な受験生がいると思います。

参考書で独学と、予備校で勉強、どっちがいいのか?

参考書で独学だけだと、英文和訳と研究計画書と過去問情報不足で行き詰ります。

一方、予備校の授業だけだと、部分的に勉強不足な点が出てきます。

私のおすすめは、参考書を買って自分でも勉強しつつ、どこかの予備校で英文和訳と研究計画書の添削を受けることです。

さらに、お金に余裕があるなら、心理学や統計学の授業も予備校で受けられるとベターだと思います。

【まとめ】

今回は、臨床心理士指定大学院受験のおすすめ予備校についてのお話をしました。

また次回も皆さんに役立つお話をしていこうと思っていますので、楽しみにしていてください。

それでは、カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんでした。

【おまけ:引用の一覧】

<予備校>
・中央ゼミナール http://www.chuo-seminar.ac.jp/psychology/
・河合塾KALS https://www.kals.jp/clinical-psy/
・ファイブアカデミー https://www.5academy.com/daigakuin-koza