【マウント対処】他者から嫉妬されたときの対応!【菜月じゅんカウンセリングルーム】

嫉妬

皆さんこんにちは。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんです。

皆さん、職場や学校の知り合いに嫉妬されることはありますか?

今回は、他者から嫉妬されたときの対応について解説していきたいと思います。

【他者から嫉妬されたときの対応】

他者から嫉妬されたときの対応として大事なことは、嫉妬された相手が傷つきを感じていることを自覚すること。

疎遠になっても構わない相手なら、相手と離れること。

疎遠になれない相手なら、相手とつながり、親しみを感じさせてあげること。

ありのままの相手の自己重要感を満たしてあげること。

明るく自虐や失敗談を話して、相手とつながり、親しみを感じさせてあげること。

などがあります。

それでは、他者から嫉妬されたときの対応について個別に見ていきましょう。

■嫉妬してきた相手が傷つきを感じていることを自覚すること。

嫉妬してきた相手が傷つきを感じていることを自覚することについて。

相手はそういう状態であることを理解すると、相手も大変なんだな、と少し許せるようになると考えられます。

また、相手のそういう状態を踏まえて、その後様々な対応を取っていく準備ができます。

■疎遠になっても構わない相手なら、相手と離れること。

疎遠になっても構わない相手なら、相手と離れることについて。

嫉妬されると足を引っ張られたり、エネルギーを消耗しやすいので、避けられるなら避けたいところです。

疎遠になっても大丈夫なら、相手と離れることも役に立ちますね。

■疎遠になれない相手なら、相手とつながり、親しみを感じさせてあげること。

疎遠になれない相手なら、相手とつながり、親しみを感じさせてあげることについて。

そうすることによって、嫉妬の被害を最小限にとどめ、さらに上手くいけば、応援してくれる人になってくれるかもしれませんね。

■ありのままの相手の自己重要感を満たしてあげること。

ありのままの相手の自己重要感を満たしてあげることについて。

嫉妬してくる人は、自己重要感が低くなっています。

相手に感謝したり、相手の良いところをほめて、低下した自己重要感を回復させてあげましょう。

そうすると、相手は安心することができ、嫉妬する必要がなくなってきます。

■明るく自虐や失敗談を話して、相手とつながり、親しみを感じさせてあげること。

明るく自虐や失敗談を話して、相手とつながり、親しみを感じさせてあげることについて。

そうすると、相手は孤独感や不安感を緩和して安心することができ、嫉妬する必要がなくなってきます。

【まとめ】

今回は、他者から嫉妬されたときの対応について解説させて頂きました。

YouTubeでは、他にも役に立つ色々な動画を上げていますので、良かったら見ていって下さい。

高評価とチャンネル登録もよろしくお願いします。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんでした。

それではまた。