【生きやすくなる】HSPで過敏な自分と上手く付き合う方法!【臨床心理士が語る】【菜月じゅんカウンセリングルーム】

2020年10月24日HSP

皆さんこんにちは。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんです。

今回は、HSPで過敏な自分と上手く付き合う方法についてのお話をしたいと思います。

【過敏な自分と上手く付き合う方法】

過敏な自分と上手く付き合う方法について。

■刺激を減らす。

刺激を減らすことによって、自分が刺激で疲弊しないようにします。

■刺激を避ける。

刺激を避けることによって、自分が疲弊しないようにしていきます。

■刺激を予測しておく。

刺激を予測しておくことによって、しんどい刺激があるとしても心構えができ、ショックを和らげることができます。

■休む。

休むことによって、刺激にさらされて疲れた自分を回復させることも重要です。

■繊細な感覚を使って楽しむ。

繊細な感覚を使って楽しむことによって、前向きな気持ちも増えやすいと思います。

■自分に思いやりを持つ。

自分に思いやりを持つことによって、自分で自分を責めたりしないでいられると、穏やかにいられますよね。

■自分が他者にとって少し面倒な存在であることを自覚して受け入れる。

自分が他者にとって少し面倒な存在であることを自覚して受け入れることによって、多少迷惑をかけてしまうのは仕方ないと自分を少し許せるようになるかもしれないですね。

■自分らしくいることの喜びを感じる。

自分らしくいることの喜びを感じることによって、HSPだとしても生きていて良かったと思えるようになるかもしれませんね。

【まとめ】

今回は、HSPで過敏な自分と上手く付き合う方法についてのお話をさせて頂きました。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんでした。それではまた。