【臨床心理士が語る】HSPの人が鈍感な人と上手く付き合う方法!【菜月じゅんカウンセリングルーム】

2021年1月1日HSP

皆さんこんにちは。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんです。

今回はHSPの人が鈍感な人と上手く付き合う方法についてのお話をしようと思います。

【周囲の人に自分がHSPであることを伝える】

周囲の人に自分がHSPであることを伝える。

周囲の人に自分がHSPであることを伝えることは大事です。

そうすることにより、ただ神経質なのではなく、実際に刺激に弱いということを知ってもらうことができます。

そうして周りの人に刺激に配慮してもらうことも可能になる可能性があります。

【自分の限界点をはっきり伝えておく】

自分の限界点をはっきり伝えておく。

自分の限界点をはっきり伝えておくことも大事です。

そうすることで、相手が嫌いという訳ではなく、刺激の多いその状況が苦手であるとわかってもらえます。

また、自分も無理せずに刺激の多い環境から離れやすくなります。

【休憩や解散の時間を事前に決めておく】

休憩や解散の時間を事前に決めておく。

休憩や解散の時間を事前に決めておくことも重要です。

そうすると、周りの気持ちを気にし過ぎて、帰りそびれることを避けやすくなりますね。

【自分にできることは限られている事実を受け入れる】

自分にできることは限られている事実を受け入れる。

自分にできることは限られている事実を受け入れることも大事です。

そうすると、自分が苦手なことは最低限にし、自分の得意な活動を行なって自分のパフォーマンスを高めることができるはずです。

【言葉の洪水に溺れないように会話中に休憩を取る】

言葉の洪水に溺れないように会話中に休憩を取る。

言葉の洪水に溺れないように会話中に休憩を取ることも重要です。

そうすると、相手の話への集中力が維持でき、お互いに楽しい会話になりやすいと思います。

【片方が一方的に話さず対話を心がける】

片方が一方的に話さず対話を心がける。

片方が一方的に話さず対話を心がけることも大事です。

そうすると、自分の言いたいことをお互い言ったり、聴いたりでき、お互いに不満が残りにくくなりますね。

【対話するために互いに反応し合うことを意識する】

対話するために互いに反応し合うことを意識する。

対話するために互いに反応し合うことを意識することも大事です。

そうすると、お互いにちゃんと話を聴いてもらえている感じがあり、安心して話しやすくなるはずですね。

【状況に応じて「具体化された」深い会話と「一般化された」浅い会話を使い分ける】

状況に応じて「具体化された」深い会話と「一般化された」浅い会話を使い分ける。

状況に応じて「具体化された」深い会話と「一般化された」浅い会話を使い分けることも大事です。

そうすると、話すのがしんどい話題は浅いままで留めたり、話したい話題は深く話していくことができ、会話を楽しみやすくなると思います。

【「世間話や表面的な話」「興味あること」「第三者や物事に対する意見」「お互いの関係性について」のステップで会話を行なう】

「世間話や表面的な話」「興味あること」「第三者や物事に対する意見」「お互いの関係性について」のステップで会話を行なう。

「世間話や表面的な話」「興味あること」「第三者や物事に対する意見」「お互いの関係性について」のステップで会話を行なうことも大事です。

そうすると、違和感なく自然に、段階的に相手と仲良くなっていくことができます。

また、自分のことを話したり、相手の話を聴くのも、その段階で無理のない話題で行なうことができますね。

【HSPの理解者をパートナーに選ぶ】

HSPの理解者をパートナーに選ぶ。

HSPの理解者をパートナーに選ぶことも重要だとされています。

そうすると、一緒に生活するときも、刺激にある程度配慮してもらうこともでき、生活しやすくなるでしょう。

【子育ては無理をしない】

子育ては無理をしない。

子育ては無理をしないことも大事です。

そうすると、子どもに対しても穏やかに接することができ、子どもも安心できますね。

【まとめ】

今回は以上のように、HSPの人が鈍感な人と上手く付き合う方法についてのお話をしました。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんでした。それではまた。