2020年YouTuber業界を分析!【芸能人の参入】【一般人youtuberの今後】【臨床心理士】【菜月じゅんカウンセリングルーム】

2021年3月6日社会

皆さんこんにちは。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんです。

今回は、2020年のyoutuber業界について分析のお話です。

【芸能人youtuberの参入】

2020年は芸能人のyoutuberが一気に増えた年になっていることは皆さんも感じていることだと思います。

おそらくカジサックさんがyoutuberとして成功し、テレビにもyoutuberとして出演し始め、芸人さんたちの間でyoutuberは良いらしいという風潮ができたことで、芸人さんたちのyoutube参入が進んできたんじゃないかと考えています。

これを心理学的に考えると、人の考えと行動はつながっているので、芸人さんが「youtuberは良い。事実カジサックも成功している。自分もなりたい」と考えた為、「youtubeで動画配信を始める」といった行動につながったと言えます。

また、2020年はコロナウイルスの影響でみんな外出自粛していました。

外出自粛を機に家でできることとして、youtubeに参入し始めた芸能人も多いように思えました。

このように、カジサックさんやコロナウイルスによる外出自粛の影響によって、2020年は芸能人youtuberが大量に増えた年となったのではないでしょうか。

【芸能人youtuberの参入の影響】

また、芸能人youtuberが参入してきたことで、youtuber業界の環境が変化しているように思えます。

芸能人の方の配信する動画ジャンルは主に「バラエティ」か「ゲーム実況」か「美容」あたりが多いように思います。

これは何を意味するのでしょうか。

これは、一般人のyoutuberから考えると、圧倒的知名度と人気を持つ芸能人によって「バラエティ」「ゲーム実況」「美容」の動画市場は、より競争が激化するということじゃないでしょうか。

とりわけ、芸人さんはお笑いスキルとトークスキルがプロであるため、特に「バラエティ」動画市場は一般人youtuberではもはや太刀打ち困難な状況であると考えられます。

このように、芸能人youtuberが参入してきたことで、「バラエティ」「ゲーム実況」「美容」の動画市場は、より競争が激化し、一般人youtuberが生き残るのは非常に困難になってきていると言えると思います。

【一般人youtuberの今後】

それでは、一般人がこれからyoutuberとして成功することはできないのでしょうか?

「できません。諦めましょう」

もしそう思うのであればyoutuberとして成功はできないでしょう。

心理学的に言えば、さっき言ったように、人の考えと行動はつながっている為、「まだ手はあるはずだ」と考えることができた人は「次の手を打つ」という行動を取ることができ、youtuberとして成功するチャンスが残されているのだと思います

それでは改めて、一般人がこれからyoutuberとして成功することはできないのでしょうか?

そんなことはないと私は考えます。

現在の有名youtuberたちや芸能人youtuberたちが配信しきれていない分野があるはずです。

ビジネス的に言えば、ニッチ市場ということです。

まだ他のyoutuberが配信していない分野で配信していけば、その分野で人気のyoutuberになることができるのではないでしょうか。

特に、有名youtuberや芸能人youtuberにはない、他者がマネできないプロレベルの専門的な知識やスキルを持った「専門家youtuber」はこれから人気になることができる分野だと考えます。

このように、芸能人youtuberがひしめく2020年のyoutuber業界において、これからの一般人youtuberの生き残り戦略としては、ニッチ系youtuberになるか、専門家youtuberになるか、といった方法があるのではないでしょうか。

【まとめ】

今回は、2020年のyoutuber業界の分析のお話をさせて頂きました。

カウンセリングを行なっている臨床心理士の菜月じゅんでした。それではまた。